<< 豪華な外国車にセフレは乗る | main |

話しながらセフレはボックスを開けました

0

    「私はこのセフレが好きで選んだ車と、その車を選んで楽しんだ人が好きです...

    加えて…"

    彼女は話しながらグローブボックスを開けました

    「ほら、ここにはすでに髪を結ぶシュシュがありますので、良い場所です。
    運転手はわがままに耳を傾けます。
    海、私を連れて行ってくれますか? 」

    彼女は髪を後ろに縛って言った。

    (セフレ)
    「お茶の叔母さん...」
    「これがあるはずです!」
    日記で
    値を振る
    私は強調されました、
    紅茶の女性、
    あなたはまだセフレの世界で叫んでいますか?
     愚かな男
    日記で自分のサイズを誇っている男

    私は愚かだ

    deaikazoku8 * - * 17:03 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ